読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強の食事法×ボディメイク

ボディメイクプランナーAのブログ

現代人の腰痛、若年化問題!

子供の頃からサッカーをしていて、柔道や相撲でも粘り腰には定評がある私でさえ、



31歳にして、ギックリ腰を発症!



しかもクセがついて、すぐ痛める。

ジムでカラダを鍛えても、すぐ痛める。



三ヶ月後にまたギックリ腰。



もっと身体を強くすれば良いのだと思い

ウエイトトレーニングを頑張って

筋肉を大きくしても



半年後にまたギックリ腰。



何が原因かその都度考えました。

色んなストレッチを試したり

身体の使い方を学んだり。


そして

いろんな人に腰痛について聞いたりもして、

少し原因が見えてきました。



私が感じたのは、やはり現代人はデスクワークや車の運転で腰周りの筋肉が衰えているという事です。



長時間のデスクワーク、集中するとこんな姿勢になっちゃいます

f:id:bodymakeplanner:20161115201930j:plain


長時間の運転、だんだん腰丸まってきます

f:id:bodymakeplanner:20161115202202j:plain


こんな姿勢を長時間続けると

腰周りの細かな筋肉を衰えさせて

血行不良に陥って筋肉が萎縮したりするのが

自分自身の体感でわかってきました。



少し歳上の方に腰痛について聞くと、

だいたい35歳前後で腰痛を発症していて

ガタきてる人多いです。



もっと歳上の方に聞くと、

腰痛を発症している人もいれば、ただ足の筋肉が少し減ったというぐらいという人もいて

丈夫な方が多く感じます。



歳下の人にあんまり腰痛の人聞きません。

やはり30歳越えてからガタくるのではと思います。




赤ちゃんから20歳までに培った足腰の強さの貯金みたいなものを

大人になって車の運転やデスクワークで貯金を減らしていってしまい


「30代でガタがくる」



そのガタも歳を召されている方ほど少ない印象があります。

若年化というのはまだはっきりとした感じではないですが、

足腰の強さには定評のあった僕でさえ

30代に入ってすぐガタきたのですから



僕より年下の人めちゃめちゃガタくるのではと危惧します。



「もうずっとこんな調子でやっていかなあかんのかなぁ」と少し諦めたりしそうになりましたが、何とか解決方法を編み出しました。



◎腰に負担のかからない身体の使い方

◎鍛えるべき筋肉

◎たった4分で動ける身体になる方法



この3つの方法を次回から発信していきます。