最強の食事法×ボディメイク

ボディメイクプランナーAのブログ

最強のサラダを決める

アメリカでベストセラーにもなった「シリコンバレー式自分を変える最強の食事法」ではお肉や魚、野菜、果物などそれぞれの食材を評価し大きく3つに分類しています。


・完全無欠

・やや注意

・ハイリスク


本の内容を踏まえて

実践的なオススメ野菜と

注意する野菜を紹介します。



実際にサラダを選ぶ時、もしくは作る時には3つの事を考えます。


(1)まず1番優先する野菜として、この中から1種類は毎日取ります


サラダの中のメインディッシュみたいなものです


ブロッコリー(蒸し)

◎アスパラガス(蒸し)

◎アボカド

◎ほうれん草(茹で)



(2)次にこの中からサラダの盛り付けに合う野菜を好きなだけ選びます


○レタス(いろんな種類がある)

○蒸しキャベツ(生のキャベツは必ず蒸す)

○キュウリ

○ズッキーニ

ラディッシュ


(3)最後に野菜から炭水化物を摂る為にこの3つの食材を多めに摂取します


○ニンジン

○かぼちゃ

○さつまいも


この(1)〜(3)の要領でサラダを選ぶ、または作ると、結構食べ応えのあるサラダになります。


しかも、よく噛まないと胃に入っていかない野菜ばっかりです。


f:id:bodymakeplanner:20161112232109j:plain

僕の定番のサラダはこんな感じです。

すごくシンプルですが、完全無欠です。


こんなぐらいの量のサラダなら、結構お腹一杯になってしまって、白いご飯を残してしまいます。


サラダ以外でも


☆和食なら

ほうれん草のおひたし

かぼちゃの煮付け

ニンジンの煮物


☆洋食なら

温野菜(ブロッコリー、緑黄色野菜)


いろんな食べ方がありますね。






ここからは少し注意が必要なもの野菜です


▲アレルギーの可能性があるもの

・トマト

・ピーマン

・ナスビ


これらの食材は、一旦2週間抜いてみる必要があります。

2週間後、1つづつ多めに摂ってみて体調の変化がなければ大丈夫かもしれません。



▲カビ毒、遺伝子組換、アレルギー

・豆類

・トウモロコシ

・キノコ類


これらは要注意です。

特産品の物のみ食べて、日常的には食べないようにします。




▲滋養強壮には良いが、興奮作用や神経が高ぶり過ぎてしまう食材

・ニンニク

・ニラ

・玉ねぎ

・唐辛子


これらは日常的は食べず、特別な日に食べてください。

きっとその方が良いですよね。



▲野菜というより炭水化物に当たりますが小麦や大麦は一番注意が必要です


飲み物で代表的なものとしてビール、麦茶があります。


日常的にビール、麦茶を飲むのはリスクがあります。


僕も含め、たまに飲む分には良いのではないでしょうか。


もし日常的に飲むなら、

ビールよりも、ハイボールもしくは蒸留酒

麦茶よりも、緑茶やほうじ茶




以上、オススメ野菜と注意が必要な野菜でした。



このパターンが一番美味しくて健康的なサラダというのを見つけてください!


僕はあるカレー屋のツナサラダが最強に美味しいと思い、自作でアレンジして作ってます。

f:id:bodymakeplanner:20161208201715j:plain